水素が体中に浸みわたる!いい水H2サーバー(RO水)水素水サーバー 水素水生成器 家庭用水素水サーバー いいみず水素水サーバー いー水H2family さらに今なら送料、工事費無料! 口コミ・レビュー

水素が体中に浸みわたる!いい水H2サーバー(RO水)水素水サーバー 水素水生成器 家庭用水素水サーバー いいみず水素水サーバー いー水H2family さらに今なら送料、工事費無料!
価格: 272,800円

⇒ 口コミ・レビューはこちら
⇒ 販売ページはこちら

◆交換用パーツリンク◆ ●セディメント&カーボンフィルター ●RO膜フィルター ●カーボンフィルター(小) ●水素発生装置 ◆水素水関連グッズ◆ ★水素水専用アルミボトル4層(赤、青) ★水素水専用アルミボトル4層(オレンジ、ピンク、グリーン) 型式 HWP500W(ピンク)/HWP500SW(シルバー) 溶存水素濃度 約0.5ppm?0.6ppm ORP -400mv?-600mv 電源 AC100v 50/60Hz 定格消費電力 150W 本体寸法 W175×D365×H465mm 本体重量 11.5kg 動作環境 5℃?35℃ 給水圧 0.069MPa?0.82MPa(0.7kg/㎠?8.6kg /㎠) 設置場所 屋内 生成方式 電気分解式 生成能力 300?500cc/分 給水方法 水道給水/ガロンボトル給水 【水素水 RO水 電気分解 純水 水素水サーバー 水素 水 RO膜フィルター みず すいそ すいそすい】水素水の選び方をご存知ですか?水素水と言っても多種多様なものがありますが、どの水素水を選べばよいのでしょうか?要するに、安くて、質の良い、適正濃度の水素水を選べばよいのです。 水素濃度水素が美容や健康に良いと言われているのは周知の通りですが、どの程度の水素を摂取すればよいのでしょう?答えは0.4ppmと言われています。この0.4ppmとは、人が水素水を飲んだ時に一度に摂取できる限界数値と言われています。なので0.4ppm以上の水素濃度であれば、水素水としての効果が期待ができるというわけです。当店の【いい水H2サーバー】の水素濃度は0.6ppmですので、適正な濃度の水素水を生成することができていることはお分かり頂けると思います。 水素水の水質水素水と言っても、アルミパウチ、簡易サーバー等々様々なものがありますが、「水」自体の質はどうでしょう?水素という素晴らしい気体を溶かし込んだその水そのものが良くなければ、せっかくの水素水の吸収率も下がってしまうのでは・・・・・・?当店の【いい水H2サーバー】の水素水は特殊フィルターを装備。このように極めて不純物の少ない「純水(RO水)」を作り出し、その純水に電気分解を行い水素水を生成します(特許)。超軟水の水素水を作り出すことで、身体にとって吸収率の良い、極めて質の高い水素水の生成を可能にしました。 コスト一番問題なのが「価格」です。様々な価格の水素水が存在しますが、250ml?300mlで約200円台というのが一般的な水素水の価格の様ですが・・・当店の【いい水H2サーバー】の場合は200mlでおよそ34円です。(最初の2年間で1日2リットル生成した場合です。3年目?10年目までは約2.08円となります。)つまり安くて、質の良い、適正濃度の水素水の条件をすべてクリアしているわけです。そして問題のメンテナンスですが、一定水量を生成したのちにはフィルター交換が必要です。実はこの【いい水H2サーバー】には、極上水素水を作り出すためのフィルターが複数組み込まれています。そのフィルターの交換時期は下記の通りです。※1日2L生成した場合の目安です。フィルターの交換時期はご使用の環境によって変化します。※RO膜フィルター:水道水中に含まれる微量な放射性物質も99%除去可能。水素は地球上で一番軽いと言われる気体なので、水素水と言っても生成より約3時間?5時間で水素は飛んでいってしまってただの水になってしまいます。水素が抜けにくい水素水専用ボトルもあります!水素水専用ボトル(赤、青)水素水専用ボトル(ピンク、オレンジ、グリーン)なので一番確実に水素を摂取できる方法は、できたての水素水を飲むことです。できたての水素水を飲むことによって、体の中の悪玉君たちを水素が効率よく体外へ連れ出してくれると言われています。その結果が美容と健康に良いとされている理由だそうです。美容と健康を保ち、身体が元気になるお手伝いができるのは、水素をいっぱい抱き込んだ、できたての水素水が一番です!(≧▽≦)まずはお問い合わせ下さい。お客様にご納得いただけるご提案をご準備させて頂きます。 水素水導入までの流れ

販売元:楽天市場 栗の実

タイトルとURLをコピーしました